サービスの中身

どこのリロケーション業者に依頼するか決めるにあたり、サービス内容は細かなところまで確認することが大切です。どこの業者も同じと思っていると必要なサービスがなく失敗してしまう原因になります。

まず、サービス内容として重要なものに保証・補償があります。賃料保証、明渡し保証、滞納保証、修繕費補償などがあり、空室による無収入、家賃の未払い、明渡しが完了するまでの遅延損害金、汚損や破損を修繕する費用などの問題に備えられるようになります。

このほか、なにをオーナーの代わりにしてくれるのかもチェックしたいポイントです。借りてくれる人の募集、賃料の収納、納税、定期巡回、各種トラブルの処理など、自分で遠方にいてできないことをやってくれるのか確かめましょう。

また、自分の持ち物ですので、状況が気になることもあるでしょう。わざわざこちらから確認しなくても、定期的に収支をはじめ細かなことまで報告をしてくれるところのほうがよいでしょう。

なお、サービス内容は充実しているに越したことはありませんが、基本料金に含まれているか確認しましょう。オプションになっており、別料金が発生するようなサービスもあります。また、たとえば修繕費は50,000円まで無料でも、50,000円を超える分は自己負担になっているような場合もあるため注意が必要です。