リロケーション?業者?

まずはじめに、リロケーションというのは転勤や長期の出張などの事情で家を留守にするあいだだけ、自分の住んでいるマンションを賃貸住宅として人に貸すことをいいます。自分で借りてくれる人を探して貸すことも可能ですが、適切な家賃の設定ができなかったり募集を上手くしないと借り手が見つからず、また契約などの諸手続き、トラブル時の処理、賃料未払い時の督促、確定申告の必要書類などやることが多く、法律的な知識も必要になってきます。

そのため、自分だけですべてやる人は多くはなく、業者に依頼することが一般的です。なお、借り手の募集や審査、賃貸者契約締結、家賃の集金、修繕費の支払い、借り手による申し出事項の処理、家賃未払い時の督促、契約期間満了時の再契約、契約期間満了時の原状回復費用の請求や営繕手配、確定申告に必要な書類の作成・報告、定期巡回などを引き受けてくれる業者のことをリロケーション業者といいます。実際のサービス内容や依頼した際の料金はリロケーション業者別に多少の違いがあります。

リロケーションは留守のあいだ人が住むだけでも誰もいない場合より劣化の進行が抑えられますし、借り手が管理・メンテナンスをしてくれることでよい状態が維持されやすくなります。また、業者に依頼する場合は費用はかかりますが、家賃収入で支払いができますし、借り手が付いていれば業者に支払いをしたとしても収支はプラスになります。当サイトではリロケーション業者選びのポイントを紹介しますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。